ベル研究所

bellken.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 18日

NPO法人 職人の森 デザインセンター

c0032909_15151943.jpg

日本の経済を支える首都圏の 多くの方々の住まいの生活環境は、
地方都市に比べると決して良いとは言えません。
都心は特に高層化が急増し、内装も工業化された仕上材が多く、
耐久性もなく、質感に 一味馴染めないものを感じています。
この写真の空間は、東京都 港区 元麻布のマンションの 一室を
自然素材のみで、設計、施工しました。

ベニヤ板など合板は 一切 使用せず、全て杉、松のむく材。
塗装もウレタン系やラッカー系などは使用していません。
カーペットも丈夫な織込みのウール100%。

都心の生活環境とは思えぬエコロジーな空間が完成しました。
ぜひ一見して頂き、参考にして頂ければと思っています。
   
ベル研究所 小田原 健
[PR]

# by manabu_kato | 2009-01-18 15:14 | 「職人の森」
2008年 03月 28日

二宮の家02

c0032909_16441941.jpg

「デザインとはものを人に近づけること」 故 吉村順三先生のことば。

意匠はもちろん大切。
でも素材や作り方がちゃんとしてなきゃ意味がない。
意匠と材工、ふたつあわせて、はじめてデザイン。
少なくとも100年、安全に安心して暮らせる家づくり。
いろいろ検討、厳選して、ご提案しています。
[PR]

# by manabu_kato | 2008-03-28 16:44 | つくること
2008年 02月 12日

二宮の家

c0032909_156376.jpg

ベル研設計の住宅。所長の指導の元、村野が担当。
地盤改良が終わり、今年の一月から初めてもう少しで上棟。
今回は、山梨県産材100%で山梨の職人の仕事です。
[PR]

# by manabu_kato | 2008-02-12 14:57 | つくること
2008年 01月 04日

謹賀新年2008

c0032909_15202816.gif

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

# by manabu_kato | 2008-01-04 15:20 | はじめに
2007年 12月 21日

Bar Cross

c0032909_1032174.jpg今年最後の仕事。広尾でお店をつくっています。
設計担当は、「初音すまい研究所」の豊田氏。
ベル研のクオリティーをご信頼頂いてのお声掛け。
選りすぐりの職人達により、日夜施行中です。

Bar Cross
渋谷川を望む、素敵なお店です。ぜひ、お出掛けください。
[PR]

# by manabu_kato | 2007-12-21 10:34 | つくること
2007年 11月 05日

ラブチェアーと動物画

ラブチェアー、Jパネルバージョン。更に、クッションに動物画を描いていただきました。
描画は、越川映子さん。これが、ものすごくキュート! 
11月9日〜11日、カワサキ・アゼリア、「森林循環フェア2007」にて展示します。
c0032909_20494064.jpg

※「Jパネル」は、国産杉間伐材を3層で積層させて作ったパネルです。
[PR]

# by manabu_kato | 2007-11-05 20:51 | つくること
2007年 10月 09日

さいたまの家002

今回の住宅は、職住一体型。一階は、RC。2階は、木造にて施工。
写真は、一階事務所の正面の造作家具。
施主のご理解をうけ、極力スチール家具を使用せずにデザインしました。
扉は、FSC材。ジャパンモールディングの「クォーターパイン」材を使いました。
普通に出回っているパイン材より硬質で素直な木目が特徴です。
柾目をよりすぐり、幅寄せパネルにて供給されています。
仕上げは、オイルフィニッシュの白色。床は、竹の無垢フローリングです。
側板や甲板は、永く使えるようにタモの無垢材が施されています。
同じ材料でも、住宅部の柔らかさとは違った表情にデザインしました。
c0032909_15252622.jpg

[PR]

# by manabu_kato | 2007-10-09 15:25 | つくること
2007年 09月 20日

さいたまの家001

c0032909_18412488.jpg

2年越しの住まいがほぼ完成。あと、ほんの一息。今回は、インテリアを中心に設計施工。
作り手の皆様、我がままに付き合って頂き、感謝。

まずは、第一弾。「大きなRのソファー」
課題01。施主曰く「真っ白なピアノがあるのヨ」。
では、こちらもと、真っ白な大きなソファー。
チークの床がピアノの音を力強く響かせ、Rの背が音を受け柔らかく耳に運ぶ。
カーペットは、オリエンタルカーペット。「緞通」と言う密度の高い打込。
窓は、カーテンではなく障子で。それぞれ、音を洗練させる機能としても役立つ。
中心には、硝子のテーブル。脚は奥野美果作「カタマリ硝子」
主張しつつも、カーペットの柄を邪魔しない。
当初、木の部材を使って連結しようと計画。が、あまりの迫力。
「もったいない」との所長の一言で、つながずに自立を試行。
かなり際どいバランス。なんとか成立。ギリギリ家具、ほぼ彫刻。
施主のご理解あっての作品となりました。
[PR]

# by manabu_kato | 2007-09-20 18:50 | つくること
2007年 08月 14日

残暑お見舞い申し上げます。

c0032909_124393.jpg

自宅集合住宅の屋上の近況です。メチャクチャ夏してます。
[PR]

# by manabu_kato | 2007-08-14 01:26
2007年 07月 26日

硝子の美脚

c0032909_2136974.jpg
「のめり込みすぎです」
現場監督にそう言わしめた現場もいよいよ終盤。
「大宮の家」の最後の目玉。硝子のテーブル。
これは脚。硝子作家の奥野美果ドンに依頼。
所長と二人で配置を検討中。
ホントは、脚を木の構造材で結ぶつもり。
だったんですが、もうヒトツメ。
あまりに力のある作品を自由に配置して再構築。
さてさて、上手くいくでしょうか。コウ御期待。
[PR]

# by manabu_kato | 2007-07-26 21:40 | つくること